Run Walk Style | ガンバって、フンバって、ガンバフンバする人のセレクトアイテム

ガンバって、フンバって、
ガンバフンバする人のセレクトアイテム

  • 0

    合計0

お買い物 注目商品

新しいヘッデンが仲間入り!!milestone。

どうも花粉症スタッフコバヤシです。

トレラン・登山の必需品ヘッドライト。

当店で人気のブランド”milestone”から新作のヘッデンが2タイプ登場!!

現行モデルのMS-G2は充電式で400ルーメン、ワイド光モデルで電球もクール色、ウォーム色、赤色の切り替えもでき、さらには赤点滅もできるオールインワン的なモデルで税込¥5,280とコスパがいいモデルです。

今回の新作2タイプの大きな特徴は・・

付属の充電式専用リチウムバッテリーまたは、単4アルカリ乾電池3本の両方が使えるハイブリッドモデルです。

充電式のメリットは

➀乾電池を使用するよりも軽量。

②乾電池代節約。

③山に行くたびに確実に充電すれば常に満タンスタートができるところ。

逆にデメリットは・・

➀新品の乾電池と比べ充電式のほうが使用時間が短い。

②充電し忘れ、充電ミスの場合焦る(僕は何度も経験あり涙)・・電池なら現地調達もしやすい。

※最近はモバイルバッテリーを携帯するかたも多いから、途中で充電することも可能ですが、充電しながらヘッデンを使えるモデルは少ない。

そこで、ハイブリッドモデルになれば・・

充電が切れてしまった時、電池を携帯しとけばサッと交換、そしてその間に充電池はモバイルバッテリーにつないで充電すると効率がいいですよね。

電池が無くなるのでは?と不安になり光量を減らすとせっかく明るいライトを買ってもその機能・快適性を活かしきれないのでハイブリッドなのはありがたい機能です^^

では、新しいMS-H1、MS-H2、人気のMS-G2を比較していきたいと思います。

画像、ひとまずNEWモデルのみ・・(画像データが壊れてしまった涙)

 

★点灯の種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★光量の変化

 

 

 

 

 

 

 

品番 MS-H1 MS-H2 MS-G2
ビームパターン・

明るさ(最大)

スポット照射(40度):約480ルーメン

ワイド照射(100度):約400ルーメン

全点灯:約530ルーメン

スポット照射(40度):約400ルーメン

ワイド照射(100度):約100ルーメン

全点灯:約420ルーメン

白色点灯時:(160度):約230ルーメン

ミックス:(160度):約400ルーメン

赤色点灯時:約15ルーメン

照射距離 160m 140m 33m
使用電池 専用リチウムバッテリー

又は、単4アルカリ乾電池×3本

専用リチウムバッテリー

又は、単4アルカリ乾電池×3本

充電式(内蔵型リチウムバッテリー)
本体質量 45g(電池別)

65g(専用バッテリ込)

78g(単4アルカリ乾電池×3本込)

45g(電池別)

65g(専用バッテリ込)

78g(単4アルカリ乾電池×3本込)

28g(バッテリー込)
電球の色 明るさ重視の白色 霧が多い時でも見やすい電球色 白色、電球色、ミックス、赤色、赤色点滅
明るさの変更 最大光量の100%~5%の光量になるまで無段階で調節可能 最大光量の100%~5%の光量になるまで無段階で調節可能 最大光量の100%~10%の光量になるまで無段階で調節可能
電池寿命

(付属充電池使用時)

ワイド:約13時間(5%時)/約2時間(100%時)

スポット:約13時間(5%時)/約2.3時間(100%時)

全点灯:約10時間(5%時)/約1.6時間(100%時)

ワイド:約48時間(5%時)/約14時間(100%時)

スポット:約12時間(5%時)/約2時間(100%時)

全点灯:約14.5時間(5%時)/約2.5時間(100%時)

白色/電球色:約14時間(10%時)/約4時間(100%時)

ミックス:約8時間(10%時)/約2時間(100%時)

赤色:約6時間(100%時)

防水性能 IPX4 IPX4 IPX4
特徴 ・ハイブリッド

・明るい

・照射距離も長く・ワイド照射で遠くも・足元も見やすい

・ハイブリッド

・電球色で靄の時もは光の乱反射が少なく見やすい

・照射距離も長く・ワイド照射で遠くも足元も見やすい

・軽さはピカイチ!

・ワイド照射で足元はかなり明るい!

・電球のバリエーションが多いので、便利。

価格(税込み) ¥5,830 ¥5,280 ¥5,280

※説明書から抜粋

※気象条件で明るさや、電池の寿命は多少前後すことがあります。

※アルカリ電池を使用時は、ルーメン値は多少減少し、電池寿命が長くなる傾向があり。

 

山での長時間の使用が想定される方は、NEWモデルがオススメ!

サブとして・・

山でもそんな長時間ではない・・明け方くらいしか使わない・・街中でのナイトランで使うという方にはMS-G2でもいいかなと思います。

ヘッデン選びでお悩みの方、是非、ご相談くださいね(^^)

プロフィール

スタッフコバヤシ

最近クラフトビールの飲み過ぎで増量中。

関連記事

当店おすすめ商品

  • 揺れにくいボトルポーチ
  • 走るためのソックス
  • バテずに走れる!エネルギー補給食

関連リンク

pagetop